最新情報☆ドレス販売サイト6選

ホーム > ドレスについて > ときめくドレスを見つけましょう

ときめくドレスを見つけましょう

 女性であれば、ドレスを着る機会が必ずあります。
皆さんは、初めて着たドレスがどんなものだったか覚えていますか?こどもの頃、ピアノの発表会や七五三、お誕生日会なんかで初めてドレスを着たときは、きっとわくわくしたことと思います。
大人になってからも、友人の結婚式や二次会、食事会、仕事の付き合いで参加したパーティー、ハロウィンの仮装など、年に数回はドレスを着る機会があります。
特に20~30代の女性は、結婚式にお呼ばれすることが多いので、何着かドレスを持っているという方が多いです。
高校の同級生など、共通の友人がいる結婚式に行く時に毎回同じドレスというわけにもいかないので、2~3着は持っているという方が多いのではないでしょうか。
ですが、ドレスの色、形、デザインなど様々なので、選ぶのにかなり悩んでしまうということがあると思います。

 特に結婚式に着ていくドレスを選ぶ場合は、いつ、誰の結婚式に行くかになど、TPOをわきまえて考えなければなりません。
親しい友人の結婚式であっても、新婦より目立つ派手な柄のドレスや、ウェディングドレスと被る白のドレスは避けたほうが無難です。
肌の露出が多いノースリーブを着る場合は、ボレロやストールを羽織って上品さを演出しましょう。
そしてできれば、新婦がお色直しで着るカラードレスの色と被らないほうが、新婦を引き立てることができるので良いですよね。
事前にリサーチするか、新婦が着そうな色を予想してドレスを選びましょう。
ですが、色が被ってもマナー違反ということはないので、あまり深刻に考えなくても大丈夫です。
華やかな色やデザインのドレスは、場を明るくするので新婦にとても喜ばれます。
会社の同僚の結婚式に呼ばれた場合は、ネイビーなど上品で落ち着いたドレスを着ると印象が良いです。
上司や先輩の場合は、サテンのジャケットなどを羽織ってよりフォーマルに仕上げてもよいですね。

 ドレスを新しく買う場合に迷ったら、ネイビーなど深い色で落ち着いたデザインのものと、パステルカラーの華やかなものの2着があると便利です。
そして、20代ならふわっとしたチュール素材のドレス、30代は大人の魅力を引き立てるタイトでエレガントなドレス、40代はゴージャスな印象のサテン生地のドレスがおすすめです。
持っているドレスに飽きてしまったけど、新しく買うお金がない・・・という人は、レンタルドレスを利用することもできます。
また、姉妹がいる場合は、お互い共用して使えば倍の数のドレスが楽しめますね。
女性であればみんな、ドレスを選んだり着たりするときにはわくわくして楽しいものです。
TPOも大切ですが、もちろん自分がときめくドレスを選ぶことが一番大切です。
ぜひ、自分に似合う一着を見つけてみてください。

次の記事へ

カテゴリー